belly-3186730_1920

タイって、デトックス大国であることをご存知ですか?

いろんなデトックス要素があるのですが、なかでも腸内洗浄が出来るとあって好奇心旺盛な私は体験してみることにしました。

場所は、バンコクのヤンヒー総合病院です。病院で言葉が通じないと不安…ということがなく、インターナショナルカウンターがあり、日本語の通訳スタッフを手配してくれますので、タイ語が出来なくても大丈夫です。

ヤンヒーまでのアクセス方法


P2140298

BTS 戦勝記念塔駅(ビクトリーモニュメント駅)まで向かいます。事前にネットで調べましたら、次のような情報が。

改札を出て、バスターミナル方向へ。駅を背にして写真の記念碑がある円形ロータリーを見ます。そこから記念碑を時計の中心に見立て、8時の方向にあるバス停へ。赤バスの18番のバスがヤンヒー最寄りのバス停にとまります。この情報で行ってみたらその通りでした。

ただ、初めてのルートのバスは乗り過ごさないか、かなり緊張します。GPSで移動の位置を確認しながら乗車するのもおススメ。ストレスなく行くならば、駅からタクシーに乗るのもありだと思います。

バスの中で料金を徴収している女性、あるいは運転手に「ヤンヒー?」とバスがそのルートを行くのかどうか聞きましょう。そうすることで、料金徴収の女性が覚えてくれていて、近くになったら「次よ!」と声を掛けてくれました。

バスを降りて、バス停向かいのヤンヒーとは逆方向に行ってしまう私をみて、バスから「そっちじゃないわ、あっちよ!」とジェスチャーで親切にも教えてくれました。いい人だ!感謝!

バンコクで有名なインターナショナルな病院


P2140299

バス停がある道を渡ったすぐ向かいにありました。

ヤンヒーはデトックス(腸内洗浄)でも人気ですが、美容整形や性転換手術を目的に世界中から人が訪れるので有名な病院です。

病院に入ってきょろきょろしていると、スタッフが「どうされましたか?」と声をかけてくれました。簡単な英語で「デトックスで来ました」というような事を伝えれば分かってもらえます。

インターナショナルカウンターに通され、申し込み用紙の記入、パスポート提示で受付完了。診察カードがつくられます。パスポート必須ですのでお忘れなく!

階を移動してデトックスセンターへ。そこで、カウンターでの簡単な問診への記入、血圧と身長・体重測定がありました。少し待ち…今度は診察室へ案内され、女医さんから体調や普段のお通じ、食事や運動環境などを聞かれました。

また少し待ち…やっと腸内洗浄の部屋へ通されました。

はじめての腸内洗浄、確かに出ました!


P2140300

個室に通され、着替えます。写真と同じ台に横になると、看護婦さんがチューブをお尻の穴にさしてくれるのですが、外れないようけっこう入れようとするので泣きそうでした。

そこから温水が腸へと入ってくるのですが、しばらく我慢して腸に水を貯め、我慢しきれなくなったら出す、その繰り返しです。すぐ出してしまうと腸の奥まで届かないでのひたすら限界に挑戦。水の量が結構あったので、何度も何度もしんどかったです。

でも、そのかいあってか、宿便出ました!この日の朝、健康的なお通じがあったのであまり出ないのでは?とも思っていましたが、宿便は奥の奥にあるのですねー。来てよかった。

この初回で体重がすごく減ったとか、かなり宿便が出たとかはなかったですが、それなりの結果があったので良かったです!

一度は貴重な体験も面白い!


最後に着替えるのですが、シャワーもありました。デフォルトで付いてくる空心菜のサプリをもらって、お会計は900バーツでした。日本で受けるよりかなり安いです。

その後すぐは、腸に水が溜まっているのかトイレに行きたくなるので注意です。病院を出て帰り際、トイレを探しました。しばらく体の様子をみたほうがいいです。

こんな、観光とは一味違う体験ができて面白かったです。