2015年02月

あの海を越えた正面の町がフィステーラだ。さらに岬へ行くと、西の果て、生と死の境界、カミーノゼロ地点。 サンチャゴに到着後、フィステーラまで歩かず帰ってしまう巡礼者がたくさんいたが、こちらはこちらで山だけでなく海が印象的で面白い。時間がないけど巡礼したい ...

さぁ、心機一転、気持ちを入れかえて上り坂を行く。 体力だけじゃく、心のエネルギーもかなり使ったので疲れてきた。足場にゴロゴロ転がる石をよけながら、歩いているというより、無言で足を前に出すのを繰り返すかんじ。まだなのか、まだなのかと気持ちは思うが、道のりは ...

朝6:30スタート!本日、フィステーラまでの最終日で、カミーノゼロ地点へ到達。西の果ての地で、生まれ変わりの日とだいうのに、朝から怒涛の一日となってしまった。 オルベイロアのアルベルゲを出発して、オスピタルの村へ入った。これから丘を越えていかなければならない ...

本日は、6:00出発。今日の行程は33キロで長い。 慣れなきゃけないんだけど慣れない、おじさんのイビキ。昨晩もすごくて寝不足。うっすらと夢を見ていた。寝袋を干したのに、ダニに噛まれている…。本当なら煮沸した方がいいんだと思うのだけど、そのような環境でなく、で ...

サンチャゴのパラドール前の階段を降りて行く。 今からまた、西へ西へと歩く巡礼の第2幕がはじまる。その最西端がフィステーラの岬で、生と死の境と言われる、黄泉の国とつながるところ。カミーノのゼロ地点にあたる聖地だ。中世では、大西洋の先にはエルサレムがあると ...

少し寝過ごしてしまい、朝7:30出発。私の巡礼にしては遅いほう。 10月のサンチャゴは7時を過ぎてもまだ夜が明けない。外は暗闇のままだった。今日から3日間、フィステーラまでの巡礼が始まる。本命のサンチャゴへはゴールして一区切りがついたけど、また新たに、第2の巡 ...

↑このページのトップヘ