sale

前々から気になっていた、マレーシアのクアラルンプールとマラッカへの旅。

なにげなく、LCCの「エアアジア」のセールを目にしたら、こんな値段で行けるの!?とあまりの安さに、チケットを取ってしまった。

「エアアジア」はマレーシア航空会社で、アジア最大手のLCC。ちなみに、日本からは「エアアジアX」といい、中・長距離路線を指します。日本との時差は-1時間、関空からは片道6時間ほどのフライトです。


LCCのセールは頻繁にある

たまたま見つけた、エアアジアのレッド・セール。そのプロモ価格は、関空→クアラルンプール往路12,900円、復路11,338円でした。しかも、空港税等も込みというから驚き。普段でも安いのに、セールは輪をかけて安くなる。

2ヶ月前に取ったので、これはままある値段だと思うけれど、四半期に一度のBIGセールはもっと凄い!関空→クアラルンプール8900円~になっています。経由して他の国にも格安で行けてしまう。アジアだけでなく、オーストラリアやハワイもある。

BIGセールは、今まさに始まっているけれど(予約期間: 2017年6月5日~2017年6月11日)、来年2018年1月からの搭乗分って…1年後なので予定が見えない。早くから取れる人はおススメです。たとえ無駄になっても諦めのつく値段かも??

それでも次回のチケットもかなりリーズナブルでお得感満載。とっても楽しみ。


利用するなら予約時に申し込んでおきたい、受託手荷物/機内食/座席指定

LCCで悩むのは、運賃以外のオプション。「受託手荷物(預け荷物)」「機内食」「座席指定」をどうするか。なかでも、預け荷物には毎回悩む。日数が少なかったり、荷物がコンパクトなら機内持ち込みにまとめてしまうけれど、エアアジアの機内持ち込みは重さ7キロまで!

LCCのピーチやタイガーエアーは重さ制限10キロだったのに、7キロは少ない。というのも、持っているキャリーバッグの重さを測ってみたら、3.5キロもある。これで収まるのか?

機内持ち込み荷物は2つまでで、サイズは56cm x 36cm x 23cm(ハンドル・キャスター・サイドポケット等を合わせて)と、もう一つは40cm x 30cm x 10cm を超えない小さなバック。

今回、キャリーの大きさはOK。以前にタイガーエアーを利用する際、同じキャリーバッグのサイズを確認したら若干大きかったので、別の旅行カバンに変更したことがあった。

帰りはきっとお土産を買ったりしたら重くなるので、帰りの受託手荷物は予約時に申し込んでおいた。機内食は、6時間のフライトということと、予約時に500円だったのでこちらも申し込んでみた。座席指定は今回はなし。

エアアジアを予約する際、【予約時】【出発前】【空港カウンター】で申し込む段階で、料金が違ってくるので、申し込むと分かっていればオンライン【予約時】に手続きしておいたほうがいちばん安い。

なんか、それ以降に申し込んで高くなるのは損した気分になる…。もし、全てを予約するのなら、予約時にバリューパックのオプションが選べる。個別に申込むよりお得です。


申込み段階による、受託手荷物の料金の違い

まだ荷物を詰めていないので、全体の重さは分かりませんが、当日までに行きの受託手荷物(20kg以下)の追加予約をするかどうか迷っている。590円高くなるけど。
例えば、料金はこう変わってきます。

【オンライン予約時】
20kg以下 3,900円
25kg以下 4,900円
30kg以下 5,900円
40kg以下 7,900円

【予約後の追加申込み】
20kg以下 4,490円
25kg以下 5,640円
30kg以下 6,790円
40kg以下 9,090円

【当日カウンターにて】
15kg以下: 6,000円
15kg以上は超過として1kgあたり2,000円

当日の恐ろしいこと!カウンターで必死に服を着込む人が続出のよう。

また7月に実際搭乗しましたらレポートいたします!