【カミーノ27日目-4】

ペレの村。ここは何もないんだけど、のんびりするには喧噪から離れていい。村唯一のバルで飲み物を注文してテラス席へ。ここで、日記を書いたり、今後のルートをチェックしたりした。夕食時、このバルのメヌー(巡礼者定食)をいただくことに。アルベルゲで会った、日本人のTさんと一緒になった。

山梨から来られたというTさんは60代、思い立って2週間後ぐらいで日本から旅だったという。同じくサンジャンからスタートして、レオンではあのパラドールに泊ったらしい。55歳以上は宿泊料が半額になって、90ユーロだったなんて!いいじゃないですか。「すごく良かったよ~」と。羨ましい。

こうやって他の方のMy Caminoを聞くのも面白い。カミーノで優雅にコーヒーを飲もうと思って日本からコンロを持参したが、あまりの重さに捨てたという。(そりゃ、そうでしょう…) 荷物の重さはまだ20キロ近くと、かなり無謀な重さだった。それはないよーーー。

アルベルゲでは満室になってしまい泊るところがなくて途方に暮れていた時、親切なスペイン女性に助けられ、教会に泊めてもらえるよう交渉してくれたという。しかも食事付きでとても感激したと話してくれた。カミーノならではですね。その後、満室の経験から、早めに着くようにしているとのこと。

教会の巡礼者のミサへ行ったときは、ギターをひく修道女が現れ、あなた何か日本の歌をうたってと突然言われて、そんなのは苦手なのだが、皆の前でフォークソングを歌ったとも話してくれた。ひゃ~、それは当てられたらヤダな~。

そんな一人一人に降りかかる、Tさんならではのカミーノドラマを楽しませていただいた。カミーノって、何が起こるかは歩いてみないと始まらないけど、自分だけのドラマが起こってほんと面白い。興味のある方にはぜひ、歩いてみて欲しい。そして、いろんな話を聞いてみたいなー。

DSCF3531_small.jpg

前菜のサラダ。ロシアン風サラダ。ツナとオリーブ、パスタがお皿いっぱいの凄いボリューム。向かいのTさんは、トマトソースのパスタサラダ。

DSCF3532_small.jpg

飲み物は、ワインか水か。いつも思うけど、なぜに選択肢はワインと水?ワインとせめてジュースぐらいにしてほしい。アルコールがだめな私はもちろん水。Tさんのワインの写真を撮らせてもらった。一人でボトル1本とはこれまた凄い!

DSCF3534_small.jpg

そして、メインのステーキ!が隠れるほどのポテトと生野菜も添えられて。もう、エネルギー充電という感じ。お腹いっぱいで食べ過ぎてしまった。これで10ユーロ。ハズレありのメヌーを数々食べてきましたが、ここはおススメです!

DSCF3535_small(1).jpg

最後のデザート。プディング。他に、アイスクリームやフルーツとかあるけれど、いつもプディングにしている。

余談ですが、メヌーでアイスクリームを選ぶと、皿に盛りつけられるのではなく、カップのものを渡されたり、バーのアイスを手渡しされたり、そのまますぎて衝撃的です。

ペレでの滞在、なかなか良かった。



にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ