カミーノでは、シンボルとしても有名な黄色い矢印。要所要所に、木の看板や幹、石、地面、壁などに黄色の手書きのペンキで書かれています。分かれ道や曲がり角には意識的に置かれています。

他に、道に貝のシンボルが埋め込まれていたり、サンチャゴまでの距離が書かれている石碑もあり残り何キロか~とゴールをイメージします。

そんな目印は見落とすと道に迷ったりして大変!ですが、分かりやすく設置されているので、地図なしで歩いている人も多々おられました。ただし、明け方の暗い道や、目印が無くなっていたり、ごくたまに間違っていたりすることがあるので、地図はあった方がもちろん安心。

どうしても分からなくなったら、前を歩いている人についていくという手もあり!けっこう人の流れで歩いていっています。前の人が間違っていたら戻るはめになりますが、まぁそれもご縁なので行く道の話でもして仲良くなりましょう。

★たとえばのイエローサイン

DSCF3434_small.jpg
これがよく見かける印。矢印の方へ歩いていく。

DSCF2789_small.jpg
等間隔に道に埋め込まれているシンボルの貝。

DSCF2910_small.jpg
ログローニョまでの分かりやすいサイン。

DSCF2957_small.jpg
サンティアゴまで567キロ。まだまだだ~!!

DSCF3754_small.jpg
オリジナルのサイン。個人の家にあしらわれていました。

DSCF3782_small.jpg
手作りの看板。巡礼者のイラスト入りで可愛かった。


にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ