荷物は最小限が鉄則!

重量は自分の体重の1割で。持っていくかどうか迷うものなら、持っていかない。現地で購入してもいいものは現地で。ただし、装備や薬はちゃんといいものを考えて持っていった方がベストだと痛感しました。

DSCF2902_small.jpg


【ザック】
 ザックは、自分の体に合ったものを。お店でいろいろ聞いて試してみるのがベスト。
 私は選び方をあまり知らず、偶然見かけて気に入ったノースフェイスの42Lザックを購入。
 結果的に良かったのですが、体に合っているかどうかは深く考えてなかった。

 プラス、ウエストポーチ、街歩き用の買い物バック(小さくたためる軽いもの)も
 持っていきました。現地で、ザックを背負い、体の前にも小さめのザック(?)を
 付けている人を何人かですが見かけました。
 そして、ザックカバーは必須。私のはザックに付属していました。

【トレッキングポール】
 多くの人が使っていましたが、持っている人といない人に分かれる。
 歩くのに自信がない方は用意しましょう。現地でも購入可能ですが、
 売っているお店が限られています。大きな街では入手可能。
 サンジャンでは巡礼者向けのお店があり、杖のタイプが豊富でした。
 主流は、2本使いのものです。
 
【靴】
 メーカー、デザインにこだわらず、自分の足に合ったものがいちばん。
 出発まで履きなれておきましょう。歩くのが主本、ケチらずいいものを買っておきたい。

 岩場や雨の日の水たまりを歩くので、性能のいい靴選びを。防水機能は必須でした。
 防水のないスニーカーで歩いている人がビニール袋を巻いているのを見かけました。
 それでもやはり足はぐっしょり濡れ、雨で足が冷えて不便そうでした。

【帽子】
 スペインの日差しは強い。西日でも日焼けするほど。帽子は必ず持っていきましょう。
 風があると飛ばされやすいので、紐が付いたタイプがおススメ。

【雨具】
 レインスーツか、ポンチョか分かれるところ。ヨーロッパの方はポンチョが多かった。
 雨が降ってきたらさっと着られるところがいいが、風でまくれ上がったり、
 袖口から雨が入ったりするので、その点を考えて選びましょう。

 私は、コロンビアのレインスーツにしました。上着は寒い日にジャンパーの役目が
 果たせて一石二鳥でしたが、ダウンジャケットも持っていたのでかぶっていた。

 着いてからの街歩き用に、折りたたみ傘も持っていました。確かにあって良かったが、
 使った回数は数回だけ。カミーノを歩きながら差している人もいました。

【ヘッドライト】
 まだ暗い朝に出発します。まだ他の人が寝ているアルベルゲで準備をする時や、
 街灯がない道もあるので必需品。電池の予備もいります。スペインでは電池は割高。

 私は釣り用でも使えるかなり明るいものを持参。一人になることもあるので遠くも照らせる
 強さが心強かった。足元をぼんやり照らせるだけのライトを持っている人もいたが、
 私は明るめ派。明るいほどライトが重くなるので、重量の兼ね合いで選びましょう。


にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ