カミーノ巡礼記でありながら、パリガイドが続いていましたが、どちらにも活かせる情報です。

photo.jpg


今年7月のパリ旅に際していろいろと調べているのですが、円安のこの時期、少しでもお得に海外へ行きたいものです。そこで、円からユーロに両替する際を調べていましたら、現地両替は日本よりも高くなるのですね!現地空港がいちばんとの固定観念があったので知って良かったです。手数料はばかになりませんもの…。

2013年にカミーノへ行った際は、実は両親がヨーロッパ旅行から帰ってきた後で、まとまったユーロを巡礼の資金にと餞別に渡してくれたのです(T ^ T) ですので、パリに到着して、カミーノ序盤はそちらで大丈夫でした。その後は、新生銀行のインターナショナルカードを作っていたのでATMで必要な分を下ろすのみ。日本円の口座からレートが換算されて引き出せます。しかもこの時、カードを作成した後の3ヶ月間は手数料無料というキャンペーンをやっていて、とてもお得に両替することができました!

ということで、そんなに苦労せずやってこれたわけです。今回は空港で、と考えていたら甘いことが発覚!ドルとユーロを両替するには日本がよく、その他の通貨は現地空港が常識だと知りました。最近はアジア方面が多かったので、それは現地で正解だったのかな?

しかも、銀行よりも金券ショップの方が安いとも。さらに、FX両替が90%以上安くなるとあちこちに出ていますが、何か仕組みが分からないものに手を出すのは怖いのでそちらはパス。私は大阪なので、金券ショップで少し替えるかな~。現地ではインターナショナルカードがまだ使える。

パリ旅行の場合、お店での買い物等はクレジットカードで、現金は大量に持ち歩かずカードを使えないような所で必要な分だけが主流みたいです。スリ被害多いですものね…。

どうしてもの場合、オペラ座周辺で手数料無料の両替所が幾つもあるのでそちらがいいみたいです。お店の看板レートやコミッションを要確認!探したり、検討する時間がもったいないので、予め用意できたらいちばんですね。