DSCF0069_small.jpg

先週末からしばらく、熊野へ出掛けておりました。

このブログでご紹介しているカミーノ、「サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼道」と日本の「熊野古道」が世界遺産の姉妹道というのはご存知でしょうか?今年2015年、二つの道の共通の巡礼手帳(クレデンシャル)ができました。

巡礼手帳(クレデンシャル)は、巡礼の記録ばかりでなく、巡礼証明書を授与されるときに必ず必要なもので、カミーノでは歩きなら100キロ以上の要所要所のスタンプが押されていないと認められません。もちろん、そういったものに興味のない方は持たなくてもカミーノ巡礼は行えますが、やはり歩いた記録を形として残したいという方はスタート時までに入手する必要があります。

今回の巡礼手帳は、和歌山県田辺市とサンティアゴ・デ・コンポステーラ市が観光交流協定しているもので、片面は熊野古道、反対の面はカミーノのスタンプが押せるようになっています。条件の距離やコースをクリアーすれば、「二つの道の巡礼者」として認定されます。こうやってスペインと日本で交流できるのは嬉しい限りですね。

今年2月1日に巡礼手帳は発行され、第1号の巡礼者がアメリカ人の方だったんです。これからカミーノへ行かれる方は、こちらの巡礼手帳を入手して行かれるのもいいですね。ちなみに、無料です。普通はクレデンシャルって有料なんですが…。スペイン側にも置かれるそうです。そんなことを知り、早速、熊野古道を歩きに行ってきました。

DSCF0071_small.jpg

もともと熊野とはご縁が深く、熊野古道は歩いたことがあるのですが、巡礼手帳というものはこれまでなかったのでカウントできず。私も再び歩き、3月16日に完歩しました。そして熊野本宮館の観光課で、カミーノと熊野古道の二つの道の巡礼者として認定していただきました。三人目でした。女性では初めてかな。記念品もいただきました。

DSCF9935_small.jpg

カミーノとはまた違う、日本の自然はやはり何度歩いても素晴らしいですね。あいにくの雨模様ではあったのですが、霧が出ていて、とても神秘的な古道を歩くことができました。

カミーノへ行かれた方はもとより、カミーノへ行かれる前の方もトレーニングにもなります。一度、熊野古道も歩いてみてはいかがですか?

詳しくはコチラをご参照ください。
・和歌山県田辺市
・紀伊民報