とうとうパリへ出発の日となりました。あっという間に1日が過ぎていく。カミーノも残すところパリ滞在3泊4日のみ。

朝、9時のエアポートバスでサンティアゴ・デ・コンポステーラの空港まで向かった。バスの車窓では、あぁ、この道を歩いてサンティアゴへ来たなーというルートを辿っていく。すると、旧市街の郊外には大きなショッピングモールがあり、H&Mの看板も。えっ、こんなところに?と今さらながら気づいたのだった。だったら、ここで普通の服が買えたな~。(歩き用のスポーティーな服しか持ってないので)これからのパリ用に欲しかった。ポルトで一着買ったけど、あまり気に入ったものがなかったのでここを知ってさえいれば…。

とか考えていたら、空港に10:00到着。利用する飛行機は、LCCのvuelingです。サンティアゴからパリまでひとっ飛びできるのでずいぶん楽。探したサイトはスカイスキャナーです。以前にもご紹介しましたが、LCCを検索できるサイトとしてこれは便利!

空港チェックインを早々に済ませて、まだ10時半。国際線かのように2時間前に着くようにしたから、かなり余裕。12:10発なので、空港のカフェで朝食でもと思ってボカジージョを見たら、カミーノ巡礼で食べていたボカジージョよりも倍以上のお値段!注文しましたが、お土産品など、どこのお店を見ても空港値段で高かった。

DSCF4347_small.jpg

そして乗り込みます、vueling。初めての飛行機なので、どんな様子か分からなかったけどいたって簡単でした。日本でサイトから予約しクレジットカード払い、直前になったらネットでチェックインを行いプリントアウトを持参して、後は当日空港へ行くだけ。サンティアゴ旧市街にインターネットとプリントができるところがあります。Informationで聞いたら、地図に印をして教えてくれますよ。

DSCF4346_small.jpg

LCCなので座席は窮屈でしたがこんなものでしょう。パリまで2時間のフライトなのでぜんぜん問題ありません。サンジャンからサンティアゴまで1ヶ月以上かけて歩いてきたのに、飛行機では2時間もかからないとは…。

無事に14:05、シャルル・ド・ゴール空港へ到着。次は、空港からパリ市内へ向かうのですが、移動手段は幾つかあります。空港バス、電車、タクシー。

空港バスなら、空港と隣接してロワッシーバスやエールフランスバスの乗り場がある。私はカミーノへ向かう際はオルリー空港までロワッシーバスに乗ったので、空港内のTourisme Informationでキップが買えた。または自動発券機か、乗車の際に運転手からも買える。

今回のパリ市内(モンパルナス)までも空港バスで行こうとしたら、駅のinformationの方から「そこで市内までのキップが帰るよ」と教えてくれた。じゃ、電車で行ってみるかとプラン変更したのですが…。後で知ったのですが、空港からパリ中心部へ出る路線は治安の悪い地域を通るので充分気をつけた方がいいとのこと!

確かに、電車の窓に落書きがあって車内が荒れた雰囲気でちょっと心配に…。移民系の方が多く、途中には、物乞い女性が子供を抱いて乗客に手をさしだしてお金?をねだっていた。バックパッカー姿の私だったので地味に座っていましたが、華美な服装の旅行客として乗らない方がいいと感じた。乗れないことはないけど、あまり慣れていない女性一人なら空港バスの方がおススメです。(帰りはバスにしよう~)

こうしてパリの宿へ向かいました。