DSCF4139_small.jpg

サンチャゴ二日目。

今日は一日オフ。明日にはまた、フィステーラまでの巡礼がはじまる。サンチャゴへ着くまで他の巡礼者に、「フィステーラまで歩く?」と聞いたけど、「もう国に帰らなくちゃ」とか、「もう歩くのはお腹いっぱい、サンチャゴまでよ」って人が多かった。他に、「バスで観光に行くよ」という人もチラホラ。「歩く!」という人は私の周りでは少数派だった。

なんでもったいない~と思うけど、時間の都合や体力面でパスらしい。私は、第二ステージを結構楽しみにしているし、もうカミーノが終わってしまうのが寂しい。ハードで辛いだけで終わってしまうかもしれないけど、せっかく遠い日本から来たんだし行っておこう。そう思って、スケジュールも取ってある。

今後の予定としては…。フィニステーラへ歩きで3日 → バス移動してムシアへ1泊(ここも歩こうかと思ったけれど自分の中で力尽きた) → バスで戻ってサンチャゴへ1泊 → 電車でポルトガル・ポルトへ3泊 → 再びサンチャゴへ1泊 → LCCでパリへ3泊 → 日本帰国 と、これだけの行程がまだ残っている。

まだあちらこちらへ行けるので、メインのサンチャゴへ着いたとはいえ、旅気分は持続で楽しい!すぐ旅に出たくなるバックパッカーの人の気持ちが分かるー!!って、もうすでにバックパッカーだっちゅーの。バックパッカーか…、カミーノがなければ経験しなかった貴重な人生の時間だわ。

さて、本日はオフということで、とりあえずもう一度、今日の御ミサへ行ってみた。昨日どしゃぶりだった雨も上がって、曇り空。同じような御ミサ内の容でも、昨日のほうが鮮烈だった。やっぱり自分がゴールした時の感動の瞬間とは違った。そして、昨日あったボタフメイロの儀式が、今日はなかった。昨日着いておいて良かった!再び、黄金のヤコブ様へご挨拶。後ろからハグして、明日からまたフィステーラへ行くことを告げた。

その後、サンチャゴの旧市街を歩いていたら、今日着いたばかりの巡礼者たちが喜び合っている姿を見かけた。毎日毎日こうしてサンチャゴに到着した巡礼者たちがいるのかと思うと、カミーノは星の巡礼というけど、宇宙から見ると天の川のように巡礼者達が巡礼路を歩いているんだとヴィジョンが湧いた。

ゆっくり観光したいところだけど、明日からまた巡礼。サンチャゴへはまた戻ってくるのでその時に観光しよう。もろもろ、やっておくことがある。まず、Informationで聞いた旧市街のインターネットカフェで、戻ってきてからパリへ行くLCCのチェックインと、溜まったメールチェックを行っておいた。必要な物の買い物、また山の中へ行くのでATMで出金。そんな業務をこなした。

そういえば、お昼まだだった。ブラブラ歩いていてちょうど出会ったバルへ入ってみることにした。感じ良さそう。

DSCF3943_small.jpg

バルのピンチョスは並んでいるものを指させばいいのでオーダーは簡単。一人なのでカウンターに座っていただいた。タコ料理は食べておかなきゃと1品、ご飯が恋しくパエリア。どんな時もカフェ・コン・レチェ。

DSCF3944_small.jpg

お店のウエイトレスさんとオーナーが話しかけてくれたので、カミーノを800キロ歩いていること、明日からまたフィステーラへ行くことを伝えたら、「それは凄いね!頑張って、これサービスだから」といただきました。なんだろう?きっと定番お惣菜、美味しかった。

よし、また早朝から頑張るぞ!