荷物を置き、シャワーを浴びて、足のケア。洗濯。ひと休み・・・。(巡礼者のおきまりパターン)いつものルーティーンを経て、外出してみることにした。いざ、レオン散策! 

もうレオンまで来たんだなぁ~。まだといえばまだだけど、カミーノの中継都市としてはサンチャゴへかなり近づいている。ハードな毎日がある反面、巡礼生活が終わるのはまだ忍びない。歩きのペースもつかめ、スペインにも慣れ、これからが面白いところなのに。

(と、少し感傷的になったが、後から振り返れば、ゴールはまだまだで、これからもさらなるドラマが待ちうけていたのでした。Oh!)

DSCF3323_small.jpg

都会、都会していなくて、可愛い街並み。中都市の歴史地区といった感じかな。前日は小さな田舎町にいて、ぜんぜんお店がなかったので刺激的。のんびり自然もいいけど、どちらかと言えば、私は街が好きかな。ゆっくり見てまわろう。

レオンで特筆することは、パラドールがあるということ!

パラドールとは、スペインの修道院や僧院、お城などの古さを活かして国営ホテルにしているところ。どこも5つ星じゃなかったかな。昔からすごーーーく憧れていて、その中でもレオンはチェックしていた。今回宿泊もちらりと考えたが、実際は泊らなかった。巡礼者でも泊っている方はいるし、たしか年齢によって巡礼者割引も効くらしい。(今もって思ったら、行っておいてもよかったかなーと)

DSCF3335_small.jpg

さて、都市に着いたらやることがある。

インフォメーションでインターネットが使えるところを聞いたら、図書館を教えてくれた。行ってみたら、パソコンが並んでいていろいろな人が使っていた。カウンターでパスポートの提示を求められ、「使っていいよ」ということで久々にメールチェック。

携帯を海外で使えるようにして持ってこなかったので、大きめの都市に着いたらインターネットカフェを探しながらの巡礼。アルベルゲのネットを使ってみたことがあったが、OSやパソコン環境の関係か、日本語文字化けして使えなかった。

レオンの図書館のパソコンではサクサク繋がり、日本語もOK。友達や仕事関係者にメールが送れて大満足。ついでに日本のニュースもチェック。

たっぷり堪能して、「利用料金いくらですか?」と聞いたら、「いらないよ、タダだから」と嬉しい驚き!めっちゃ有難い!! ネットが必要な方は、ぜひ図書館を利用してみてください。

DSCF3271_small.jpg

そして、ガウディ設計の建物です。今では銀行として使われています。ガウディにしては普通っぽいと言われていますが、街に溶けこみつつもやはり存在感がありました。

DSCF3348_small.jpg

光があたる水の動きと、芝生の噴水っていい雰囲気。

DSCF3349_small.jpg

公園のベンチの老夫婦。なんだかホノボノとしていていい感じ。

DSCF3327_small.jpg

スペインでよく見かける彫像。この素材でこういう雰囲気のものが主流。スペイン人の好みなのね。時々、おっと驚いて怖い雰囲気のものも・・・。けっこう撮ったので、後で彫像ギャラリーとしてまとめてみるかな。

DSCF3330_small.jpg

公的な団体が、ブラスバンド公演をやっていた。年齢層高めで、なじみのない楽曲だったのでフェードアウト。

DSCF3328_small.jpg

レオンの大聖堂前の広場へ戻ってきた。老舗カフェのテラスに座り、アイスを注文。大聖堂を眺めながら、町ぶらをして買ったポストカードを書いて、日本の友達へ送った。気持ちいいひと時。

カミーノの旅、楽しい!