ナヘラには、ナヘリージャ川が流れ、川岸は一面の芝生で憩える。何もないけど、ゆっくりできる町。

キムとカンと一緒に食事。この時、カミーノでの初のメヌーを体験した。「メヌー」とは、巡礼者のためのセットメニューで、前菜、メイン、デザートのコース。これにワインか水(あるいはコーラ等ソフトドリンク)が付いて10~11ユーロ程度。けっこうレストランではどこも扱っていて、リーズナブルに食事がいただける。

だけど、その後、何度かオーダーしてみて分かったが、お店によって当たり外れがある。この日、しょっぱなのメヌーはどちらかと言うと外れかな・・・。その後、大満足なメヌーを味わったから比べてしまうと普通だった。この日は、値段通りという感じ。

ご参考までに初メヌーをご紹介! 他店での内容は、その食事をした日にご紹介します。

DSCF2947_small.jpg

前菜は、ロシアンサラダ。カミーノでは、ツナとオリーブ入りがポピュラーなサラダでした。普通にマル。そしてパンと、アルコールが飲めない私はコーラ。パンが硬くて残念でした~。

DSCF2948_small.jpg

メインのミートボール。見た目通りの美味しさ。とくに驚きはなかったが、エネルギーを欲している巡礼者にはパワーの源。美味しくいただきました。

DSCF2949_small.jpg

デザートのヨーグルト。かき混ぜてしまったところで撮影がまだだたのに気づいた・・・。
そんなこんなで、楽しく仲間と食事ができてリラックスできた。

夜は、寄付の大部屋アルベルゲで就寝。隣のベットがぴったりくっついていて、知らないおじさんが隣で寝ている。カミーノでは当たり前の光景。でも、案の定のいびきには慣れない!しかも、ちょっと腕がのびたら素肌が触れそうな距離で体が固まる。熟睡できず、うつらうつらと浅く寝ていたら、隣のおじさんに襲われる夢を見た!夢で訴えていた(笑)

ひぇ!と思い、頭と足を逆の体制にして寝たら、かなりマシだった。早く気づけば良かった!やっぱりアルベルゲは落ち着かない。大きな街に着いたらまた休息日をとるぞ!次のオステルに憧れる日々が続いた。