パンプローナのサンタ・マリア大聖堂シリーズの最終です。
続いて、ミュージアムへ参りましょう~!

DSCF2722_small.jpg

回廊からすっと行ける、宗教・芸術の歴史遺産 展示スペースです。
黒を基調に、なかなかモダンな創りでした。

DSCF2715_small.jpg

このような古い遺蹟が収集されている美術&博物館。
当時の空気を感じるような質感のある品が展示されていて面白かったです。

歴史・美術に興味がある方はぜひ。
ナバーラ州(ナバーラ王国)の遺産を堪能できます。

DSCF2717_small.jpg

十字架を掲げる、顔のない天使。小さくても存在感あります。

DSCF2719_small.jpg

優しい眼差しの表情豊かな聖母子像。
いわずと知れた、聖母マリアと幼子イエスの像です。

DSCF2714_small.jpg

こちらは、キリッとした厳粛な聖母子像。

DSCF2720_small.jpg

聖母子像コレクションの数々。色も鮮やかです。
教会の数、また祈るグループの数以上に創られたはずだから、
数は相当あったのでしょう。一つ一つが違う様相で見応えがあります。

DSCF2721_small.jpg

そして、ナバーラ王国の黄金の王冠、装飾品もありました。まばゆい!!

1時間ほどで周れる広さですが、中身が濃くて神秘的な空間でした。
カテドラルといい、巡礼者におススメの見学スポットです。
こちらもチェックください!