【出発初日】

そして、定刻通り、大韓航空に乗り込んだ。仁川で乗り換えなので、まずは韓国へ飛ぶ。

到着して4時間ほど乗り換えの待ち時間があるのだが、空港内でブラブラとそれも楽しいかな~と。カミーノの旅って、きっとあっという間に終わってしまうようで、それなら一日一日を大切に、有効的に過ごしたい。あっという間に着いてしまうより、行程が多いほうが楽しみが増えるように思えて、長時間も苦にならない。

関空から2時間ほどで、無事に仁川到着。

免税店がたくさん集まっている広ーい空港内を散策。10キロものザックは預けているので身軽で楽。韓国の伝統文化を紹介するコーナーがあり、外国人対象にハンドメイドの無料体験を月変わりの内容で行っていた。この時は、なにやら板に絵具を塗って、お守り作成?遠くからチラッと眺めただけで意味は分からなかった。記念に持ちかえられるのは嬉しいけど、これ以上1グラムも荷物を増やせられない。面白そうだけど、帰りにチャレンジしよう。

数あるお店を覗いてブラブラしたり、搭乗口近くの待ち席で愛読書の『星の巡礼』を読んだり、日記をつけたり。こうしているとすぐに時間は過ぎてしまった。帰りのトランジットではきっとお米に飢えているはず。また仁川で乗り換えなので、この空港で和食を食べるぞ♪と心に決める。

さぁ、いよいよパリに向けて出発!あらかじめ、座席は通路側にリクエストしていた。長時間のフライトになるのでトイレに行きやすい席であることと、夜に飛ぶので窓側でなくてOK。上空での窓側は寒いしね。これから長時間のフライト。あっ、ザックにスリッパがあるのに手荷物へ持ち込むのを忘れた!! 

巡礼中の宿で使用するのはスリッパでなくサンダルなんだけど、帰りにパリで滞在するゲストハウスではスリッパを持参するようにと言われていたので、簡易携帯スリッパを所持してきた。帰り最後の3泊のためにだけ、1ヶ月以上ザックでねかせて持ち歩くわけだが、であれば機内で使いたかったのにーーー、足がむくむもの。

と機内でわなわな思っていたら、スチュワーデスのお姉さんが何かを配り始めた。袋を開けてみると、スリッパと歯ブラシのセット!! Wow! 痒いところに手がとどくってこのこと、欲しいものが向こうからやって来て、すべて上手くいっている!

今日の乗客は、やはり韓国人が圧倒的に多い。ちらほらと日本人もいたが巡礼仲間ではなさそう。そりゃそうか。寛いでいるとと、スチュワーデスのお姉さんが韓国語で私にしゃべりかけてきた。ほら、きた!海外へ出るとよく中国人によく間違われる、アジア顔のわたし…。韓国人顔も許容範囲らしい(笑) そんなに同化してるかー?「韓国語、わからないです」と日本語で返答。あっ!という顔をされて行ってしまった。・・・で、何だったの??フォローなし?

おまちかねの機内の食事では、大韓航空の美味しいと噂のビビンバにありつける!?と心高鳴る。またも別のCAさんに、食事メニューの希望を韓国語で聞かれたので、「韓国語、わからないです」とひと言。ここでも、あっ!という顔をされ、日本語で「タコ、チキン、ビーフ、どれになさいますか?」と言い直してくれた。

で、タコ?めっちゃ、新しいパターン。何それ?未知のメニューだわ、と思っていたら、隣の韓国人のおばさまがビビンバをコネコネ混ぜて召し上がっている。わたしもコレを!と指さしてリクエストしたら、それはタコ入りのビビンバだった。いくら韓国人オーラを身にまとっていても、タコ=ビビンバはイメージつかん・・・と絶句。言葉だけだったら、タコはチョイスしなかったな、と隣のおばさまに感謝。ビビンバ希望の方、タコですよ!

機内誌をぱらぱらめくっていたら、星占いが。なになに「Travel* Your energy is high this month, making it the perfect time to enjoy some summer sports.」と、嬉しい内容。そうそう、何百キロも歩けば立派なサマースポーツだよねと、妙に納得して、思わず撮影。この占い師はどなた~?テンションが高くて、なんでもポジティブシンキングの自分。

機内では、けっこう遅くまで映画を見ていた。4本ぐらい?その後、就寝。エコノミー席での睡眠はやはり疲れちょっと睡眠不足だったけど、旅のハイテンションでいたって元気!