【出発初日】

いよいよカミーノへ旅立つ日がやってきました。今日から私って普通の旅人ではなく、巡礼者?なんだか変な気分だけど、これからどんな旅、いや、巡礼になるのかワクワク、ドキドキな気分。2013年8月29日 早朝6:30、快晴! 

自宅を出て、大阪駅へ。荷物が詰まった重量10キロちょっともある(思ったより減らせなかった…)、米俵のような赤いザック。今日、外へ出るまで、部屋の中で背負う自分の姿を何度鏡で見たことか・・・。荷物でパンパン、やたらザックが大きくてすごく存在感がある(と思い込んでいるが実際そうだと思う)。お世辞にもスマートでない。そんな思いがあり、バックパッカー初のわたしは、電車の中でかなりの気恥ずかしさを感じていた。大阪の中心でこんな姿は目立つよー。恥ずかしオーラを放つと余計目立つと思い、「巡礼ですが何か?」と訳のわからない毅然な態度を心がけるも、潜在意識は髪をいじって恥ずかしさをまぎらわしていた。

そういえば、美容室で読んだお洒落なファッション誌に、ロングトレイユブームでアウトドアファションが一部載っていたけれど、電車の中でなじむようモノトーン系の色をお勧めしていたっけ・・・と脳裏に浮かぶ。その記事を読むずいぶん前に、赤いザックを買っていたのですでに情報は遅し。まぁ、気にしているのは本人だけで、周りは見てみぬふり(?)

と、電車の中でいろいろと葛藤。そこに、The大阪の川、淀川越しに早朝の朝日が目に飛び込んできた!! 眩しくてなんて綺麗~!これからの旅を祝福してくれるかのように感じて、なんだか一人涙がじーんとにじむ。あぁ、これから長い巡礼の旅に出るんだな~と気持ちが引き締まる。実りある旅(巡礼)にしたい。

大阪駅から、ハービス前の関空行き空港バスに乗り込みいざ!海外旅行好きなわたしは、いつもここから出発するとわくわくするのだが、今回は普通の旅行ではないので少し緊張しつつ、気持ちはどんどんカミーノへ。

今回、仁川経由の大韓空港で向かう。航空チケットをさがした時、最安値だったので大韓空港にしたのだが、エアーフランスとの共同便。なかなか感じが良かった。そして、食事にビビンバが出るとの情報でそこも楽しみの一つ。韓国料理好き~♪

もっと安く往復したい巡礼者は、ロシアの便を使うそうだけどどこで扱っているのか分からなかった。他に、24時間かけて中東で乗り換えの飛行機を利用している巡礼者もいて、24時間って強者・・・と思ってしまった。

関空到着。チェックインカウンターへ。と、ここまでは慣れているのだが、ここからが問題。

バックパッカーのザックってどう預けるの?鍵が付いてないから梱包すべきだけどどうやって?と疑問だらけ。事前に
、巡礼体験がある方からアドバイスをもらっていたのは、「ごみ袋等の大きな袋に入れてガムテープで留める。タグを通す穴は開けるといいとのこと」。航空会社によっては袋を用意していたり、有料で販売しているらしい。

大韓空港カウンターのお姉さんに、袋があるか聞いてみると「それはないです」とのこと。そこで慌てて、アドバイス通り持ってきた白いごみ袋を上下から1枚ずつザックにかぶせて、中央部分で白いガムテープで固定。後ろに人が並んでいる気配を感じながら、カウンター前で半分パニクリあたふた作業。

なんか梱包が甘いようだが、まあ包まれているしこれでいいかと、時間に焦り預ける。
(その後、この甘さで痛い目をみるのであった・・・)