★旧ブログからお越しの方へ
カミーノ・デ・サンティアゴ巡礼記(2013年8月29日~10月19日)は
右のカテゴリーからお読みいただけます。
はじまりはこちら → http://healingtabi.com/archives/cat_328483.html?p=20


太陽がどんどん水平線に近づいてきた。巡礼者たちはそろそろ、太陽が沈む様子を見やすい場所に座り込む。日没までまだ30分ほどある。 いい事だけじゃなく、トラブル、苦しい時、辛い時もあったけど、全てをひっつくるめて楽しかったといえる、大満足のカミーノ巡礼。海を ...


フィステーラのアルベルゲでは、一通り施設の説明を受けてから、部屋の空いているベットを使ってと、先着順で好きな場所を選べた。(アルベルゲによると、受付け順にベットが指定されているとことも多い)そして案の定、アルベルゲで一般的な二段ベットで、まだ下段が空いて ...


ユーチューブに、フィステーラの岬から見た海と、カミーノゼロポイント 0.00K.M のモホンを撮影した動画をアップしました。巡礼者が最後に訪れる聖地り、昔で言うなら地の果てです。 少し日が暮れてきていて影になっちゃっています。加工することなくそのままの動画を使い ...


あの海を越えた正面の町がフィステーラだ。さらに岬へ行くと、西の果て、生と死の境界、カミーノゼロ地点。 サンチャゴに到着後、フィステーラまで歩かず帰ってしまう巡礼者がたくさんいたが、こちらはこちらで山だけでなく海が印象的で面白い。時間がないけど巡礼したい ...


さぁ、心機一転、気持ちを入れかえて上り坂を行く。 体力だけじゃく、心のエネルギーもかなり使ったので疲れてきた。足場にゴロゴロ転がる石をよけながら、歩いているというより、無言で足を前に出すのを繰り返すかんじ。まだなのか、まだなのかと気持ちは思うが、道のりは ...


朝6:30スタート!本日、フィステーラまでの最終日で、カミーノゼロ地点へ到達。西の果ての地で、生まれ変わりの日とだいうのに、朝から怒涛の一日となってしまった。 オルベイロアのアルベルゲを出発して、オスピタルの村へ入った。これから丘を越えていかなければならない ...


本日は、6:00出発。今日の行程は33キロで長い。 慣れなきゃけないんだけど慣れない、おじさんのイビキ。昨晩もすごくて寝不足。うっすらと夢を見ていた。寝袋を干したのに、ダニに噛まれている…。本当なら煮沸した方がいいんだと思うのだけど、そのような環境でなく、で ...


サンチャゴのパラドール前の階段を降りて行く。 今からまた、西へ西へと歩く巡礼の第2幕がはじまる。その最西端がフィステーラの岬で、生と死の境と言われる、黄泉の国とつながるところ。カミーノのゼロ地点にあたる聖地だ。中世では、大西洋の先にはエルサレムがあると ...


少し寝過ごしてしまい、朝7:30出発。私の巡礼にしては遅いほう。 10月のサンチャゴは7時を過ぎてもまだ夜が明けない。外は暗闇のままだった。今日から3日間、フィステーラまでの巡礼が始まる。本命のサンチャゴへはゴールして一区切りがついたけど、また新たに、第2の巡 ...


サンチャゴ二日目。 今日は一日オフ。明日にはまた、フィステーラまでの巡礼がはじまる。サンチャゴへ着くまで他の巡礼者に、「フィステーラまで歩く?」と聞いたけど、「もう国に帰らなくちゃ」とか、「もう歩くのはお腹いっぱい、サンチャゴまでよ」って人が多かった。 ...

↑このページのトップヘ